スーパー銭湯の紳士ドライヤー2

先日、スーパー銭湯に行った話を書いてみた。同好の士?がいるようで何よりだ。

実はあの話はちょっとだけ後日談がある。紳士は股間にドライヤーを当てただけでなく、もっと私にありがたーいことをされていた。

暑くなってくるこの季節は水虫に要注意だ。私も以前は何度も水虫になったことがある。しかしあることをするようになってから、水虫にはならなくなった。

実際にどうしたかと言うと、風呂上がりに必ず足の指をティシュペーパーで拭くようにしたのだ。これを完全な習慣にすることによって、ほとんど水虫にならなくなった。(たまにはブテナロックのお世話になります。)

ただ毎回、ティシュペーパーを1、2枚使うことについて、けちんぼの私はいつも

「なんとかならんか?」と思っていた。

先の紳士は股間のドライヤーをあてた後、おもむろに椅子に足を乗せ、指先の間を丁寧にドライヤーをあてていた。指先水虫に注意している私としては、本当に合理的で、なるほど!と、思わず膝を打った(ような気持ちになった)。

誰もが座る椅子に足を乗せることに対しては、問題があるにしてもだ。足指ドライヤーは本当に水虫予防にもなる上に、ティシュペーパーも使用しない。

頭にあてたあとに、股間、そして足指とは、なんといい流れだろう。

平成の終わりにいいものを見た。ありがたや平成。