スーパー銭湯の紳士ドライヤー4  完

このネタでこんなに書くとは全く品がない。
全開、いや前回で終わるつもりだったが、ちょっとだけ付け足しをして終わりたい。

実は私の飽くなき好奇心は、やはり自分もやってみたいということになるのは当然のことだ。

そこで早速やってみた。

これが意外にくせになる。あの紳士の恍惚とした表情、優しく毛並みをなでる仕草も私は実感した。

また足指ドライヤーも快適で、大いに満足である。足指が熱くなるので、完全乾燥は厳しく、やけどに注意。今後梅雨に向かうので、友人知人には大いに勧めたい。またこのブログの読者(いないが)にも。

その場合は、足指をお勧めし、ついでに股間もやるといいかもよと言うだろう、その時の(驚く)友人の顔をぜひ見ていたい!